かみゅのBlog

広島市中区本川町にある隠れ家的サロン"ヘア&エステ・かみゅ"のブログです。美容師目線で日々の気づきを書き綴っています(^^)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

頭を洗うということ その3

こんばんは。かみゅの石田です。


かみゅは明日(月)・明後日(火)はお休みです(^o^)丿


久しぶりに、「頭を洗うということ」第3弾!(連載!?…(笑))


暑くなってくると、湯船につかっていた方がシャワーになったり、暑いからお風呂の時間が短くなったりで頭を洗うことも簡単になりがちです。シャンプー剤も発泡剤が入っていると勝手に泡立つので、洗った気分になります。


意外と夏の方がうまく洗えていないことがあるんですよー。


簡単に洗っていると、毛穴の汚れが取れていなくて頭がかゆくなったり、髪が細くなることもあります。


かゆいから!、と力を入れてガシガシ洗うと、その時はスッキリしますが汚れは取れていません(>_<)

 (このタイプの方は頭皮が固くなっている場合があります。そうすると毛穴がふさがり髪が細くなる、という悪循環に陥ります)


強く洗う = 汚れが取れる ではありません。


むしろその逆で、頭皮をほぐす・緩める = 毛穴が開きやすくなる・汚れが出やすくなる という感じです。


男性は力が強いのでゴシゴシ洗いがちですが、逆に力は入れすぎずに頭皮を緩めるように洗います。


力加減は結構大事です☆


洗い方や力加減は1年を通してそんなに変えませんが、夏は洗うことが簡単になりがちなのであえて「この時期」気をつけること、として書いてみました(^o^)丿


あなたの洗い方は大丈夫ですか・・・?




広島ブログ


スポンサーサイト
[ 2013/06/16 23:47 ] シャンプー選び | TB(0) | CM(0)

頭を洗うということ その2

こんばんは。かみゅの石田です。


前回の続きです☆


10年前、石田がかみゅで驚いたこと…

シャンプー選びは髪や頭皮の健康に基づいて、先生は選ばれていました。

毛穴をつまらせない、髪が呼吸できる、これは必須条件!

だけど、10年前、美容学校や毛髪理論を勉強した時、『髪は死んでいる』と習いました。

死んでいると髪を切っても痛くないし、パーマやカラーで髪がピリピリすることはない…(確かに。。。)

でも刑事ドラマとかで殺人事件の現場では髪を採取しています、これって髪からDNAを調べて、血液型とかいろんな情報を見つけだしている。(ちょっと例えが変ですが(笑))

髪が死んでいるとこんな情報出ないはず。。。

冷静に考えるとわかりますが、美容界では髪は死んでいる となっています。

少しずつこの考え方も変わってきているかもしれませんが、もし生き物として考えるなら、ストレートパーマやヘアマニキュアは大敵です。(これはまた今度)

髪も細胞の集合体で、髪だけじゃなく人間の皮膚も臓器も目も耳も鼻も細胞でできていますよね。

今の私を知る方はビックリされるかもしれませんが、石田は以前の美容室ではキンパツでストレートパーマをガンガンにしていました。二十歳頃はこんな感じだったんです(笑)

だから、髪の毛なんてリカちゃん人形のようにテロンテロンでナイロンのようで、引っ張ると毛先が切れてました(;^_^A

最悪な髪です(笑)しかも髪が多く、くせ毛で広がるし、うねるしで自分の髪がキライでした。

だから、洗うということに意識がいくわけがないですよね^^;

むしろ落ち着かせたいから、ヘアワックスやスプレー、ジェル、いろいろなものをつけまくっていました。

余談ですが、今のシャンプー・コンディショナー・トリートメントなどの商品は、髪がどんなに痛んでいてもテロンテロンになりません。

本当はすごい痛んでいても、ヘアケア剤の中に入っているシリコンやコーティング剤などの化学物質で覆われて感触が悪くならないんです。

最近、ようやくノンシリコンシャンプーとか出てきました。ノンシリコンだから良いという判断基準も難しいです。

そんなこんなで、髪は生きている ということが衝撃でした。

なかなか話が進みません(笑)続きはまた今度♪




Hair&Esthetic かみゅホームページ



広島ブログ

[ 2013/04/19 23:42 ] シャンプー選び | TB(0) | CM(2)

頭を洗うということ

こんばんは。かみゅの石田です。


少しずつ、石田が勉強してきた知識をブログに書いていこうと思います。


とはいえ、偉そうにかける立場でもないですが、かみゅで働きはじめて目からウロコなことが実はたくさんありました(笑)


今は先生(オーナー)と同じようなことをお客さまにお話をしていますが、当初は石田も「えー!?」「そうだったのかー」とお客さまと同じ反応をしていました(笑)


石田が以前いた美容室では聞いたことがなかった(興味をもっていなかっただけかもしれないけど)ことがたくさんあったんですよ。


少しずつその頃(10年前)のことを書いてみようかな、、、と。


昔からシャンプーの技術は好きで、結構自信を持っていたのですが、かみゅに入社してその自信は一気に降下・・・(>_<)今思えば、頭でっかちだったんでしょうね(汗)

シャンプー選びから違いました。


かみゅ入社以前の知識では、(かみゅに入社する前に違う美容室にいました) 美容室は取引のあるディーラーさんからシャンプーを仕入れて、そこから教えてもらった情報で、ここ(以前勤めていた)のシャンプーは良い、と判断していました。


ちゃんと勉強されている美容師さんもたくさんいらっしゃいますが、ディーラーさんの情報だけで話している美容師さんもいます。


石田は後者でした。(決して以前勤めていた美容室のシャンプーを否定するわけではありません)

シャンプーという商品に対して、根拠もなく、美容室で売られているから安心、と思っていました。

そこが違っていたのです。

かみゅで出会ったシャンプーは、レイラスという名前のシャンプーです。

今でもこのレイラスをお客さまにおススメしたり、お店で使ったりします。

IMGP0623.jpg


まず・・・なぜシャンプーをするのか。

当たり前じゃん、と突っ込まれそうですが(笑)、なぜすると思いますか?


人間の身体は皮膚で覆われています。

その皮膚は、全身どこでも皮膚呼吸をしています。

そう、呼吸しているんです。そして、皮膚は排泄器官でもあります。

毛穴から汚れを出しています。

これは頭でも同じです。頭皮も呼吸をしていて、汚れも出します。


毎日、汚れを取るために洗います。汚れを取らないと毛穴がふさがり、呼吸もできなくなります。
(毛穴がふさがると、髪が細くなったり、代謝異常でフケが出たりします)

IMGP0340.jpg

フケが出ている頭皮は、こんな感じです。

健康そうには見えないかな。。。


シャンプーの目的は髪を洗うだけではないのです。髪と頭皮を洗う。

そして、髪の汚れ、頭皮の汚れをとりつつ、毛穴をふさがないような商品がおススメです。

取りすぎもよくないですし、取らなさすぎもよくないです(難しい・・・(笑))

かみゅで使っているレイラスはこの条件をクリアしています。

一般のシャンプー剤はたくさんの種類が売られているので、どれを選んでいいのか石田もよく分かりません(・.・;)

ただ、多くのシャンプーは、髪のダメージを感じさせないようにできるコーティング剤が含まれているシャンプーが多いのが現状です。

毎日のことなので、たかがシャンプー、されどシャンプーです。


後は洗い方も大切です。


洗い方については、次回に続きます♪





Hair&Esthetic かみゅホームページ



広島ブログ





[ 2013/04/17 23:32 ] シャンプー選び | TB(0) | CM(2)
プロフィール

かみゅっこ

Author:かみゅっこ
広島市中区本川町の川沿いにある、
隠れ家的サロン
『ヘア&エステ・かみゅ』
のブログにようこそ!

当ブログは主に店長 石田が書いております。

美容室を中心に、
ツヤのある髪を保つための
エステメニューを得意としております。

また、お客様が営業時間外に
気軽にご注文出来るように、
ネットショップも運営しています、

広島市中区本川町2丁目1-9
川本ビル1F

Tel・Fax:
 082-295-0233
営業時間:
 10:00~19:00
定休日:
 第1・第3月曜日
 毎週火曜日


広島ブログ
☆ランキングに参加しています。 ↑ ↑ クリック、お願いします☆

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。