かみゅのBlog

広島市中区本川町にある隠れ家的サロン"ヘア&エステ・かみゅ"のブログです。美容師目線で日々の気づきを書き綴っています(^^)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

江波の漕ぎ伝馬(えばのこぎでんま)

こんばんは。かみゅの石田です。


昨日、江波の漕ぎ伝馬(えばのこぎでんま)をお店から見ました。


江波の漕ぎ伝馬(えばのこぎでんま)というのは・・・


宮島の管弦祭と関係があります。


宮島の管絃祭は、厳島神社の祭神.市杵島比売命(イチキシマヒメノミコト)が白馬に乗って、対岸の地御前神社の神に会いに出向かれた(逢引き)のを、お迎えに行く祭事。

20140713 2

 (写真は宮島観光協会HPより)


 船を使い夜間に行われる祭りのため、夜半の満潮時に潮のよく満ちる日が古くからきめられ、毎年旧暦6月17日に行われます。

 
お迎えに行く管絃船(御座船.以後管絃船で統一)を曳く船が、この江波の漕伝馬です。


管弦祭前日の朝、漕ぎては、おなじみの法被(ハッピ)に白足袋.手甲.脚絆に笠をかぶり、役員は、帷子(カタビラ)に黒足袋.カンカン帽のいでたちで本川を逆上り、お世話になった所にあいさつ回りをします。


 この場合の挨拶とは、船を左廻りに3回まわすことです。


 古くは、本川橋西詰の森川家で食事をとる習慣でしたが、戦後、森川家が移転し、中央卸売市場、そして現在では中国新聞社が食事を出して伝統を受け継いでいます。

(広島市HPより)

毎年、管弦祭の前日はかみゅの前の本川を江波の漕伝馬が通ります。


今年はその前日が昨日にあたり、太鼓の音がしてにぎやかです。


20140713.jpg

木の隙間から見える船が、江波の漕伝馬です。


ずっと受け継がれている伝統行事。


このまま続いてほしい、と感じる時間でした(^^)


かみゅのホームページ

かみゅのネットショッピング


★広島ブログに登録しています!クリック、お願いいたします(^o^)丿

広島ブログ

[ 2014/07/13 23:23 ] ひろしま | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


プロフィール

かみゅっこ

Author:かみゅっこ
広島市中区本川町の川沿いにある、
隠れ家的サロン
『ヘア&エステ・かみゅ』
のブログにようこそ!

当ブログは主に店長 石田が書いております。

美容室を中心に、
ツヤのある髪を保つための
エステメニューを得意としております。

また、お客様が営業時間外に
気軽にご注文出来るように、
ネットショップも運営しています、

広島市中区本川町2丁目1-9
川本ビル1F

Tel・Fax:
 082-295-0233
営業時間:
 10:00~19:00
定休日:
 第1・第3月曜日
 毎週火曜日


広島ブログ
☆ランキングに参加しています。 ↑ ↑ クリック、お願いします☆

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。